ブログ移動しました

HP内のブログ機能がよくわからず・・・
以前から使っていたブログへ移動しました

宜しくお願い致します。

http://hanayukizuki.blogspot.jp/

 


あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~展@
静嘉堂文庫美術館トークショー&ブロガー内覧会

 ※ブログ記事オレンジ色の文字部分にはリンクが貼ってあります

10月28日(土)~12月17日(日)迄開催予定の展覧会を拝見して来ました。ブログもFBページもお休み状態でしたが、お話をされるのが河野元昭先生(静嘉堂文庫美術館館長)、板倉聖哲(まさあき)先生(東京大学東洋文化研究所教授)、ナビゲーターが人気ブロガー「青い日記帳」ことTakさん。とあっては行かない訳にはまいりません。いつもは静嘉堂文庫美術館の最寄東急田園都市線「二子玉川」駅からは歩いて20~25分ほどの気持ちのいいお散歩コースですが、残念ながら昨日はあいにくの雨模様でした。(駅からバス、タクシーもあります)詳細は美術館のアクセスページをご覧ください。小田急線成城学園駅からのバス、タクシーもあり、駅からのコース地図もPDFでご覧いただけます。

 

玉川高島屋のほうへ向かい、商店街、住宅街を抜けて途中、美味しそうなケーキ屋さん、ファミリーマート、スーパーマーケットを抜けて美術館に到着、ちょっと長めの坂道を登ると、お目当ての静嘉堂文庫美術館です。http://www.seikado.or.jp/exhibition/index.html

静嘉堂文庫美術館というと、岩崎家(三菱)代々の美術収集品を収蔵、日本美術はもとより中国絵画、陶磁器のコレクションでも有名です。お天気が良ければ、美術館後方の庭園も是非ご覧ください!館内、庭園内は飲食禁止ですが、ゆっくりお茶が飲める休憩室もあります。

なお、本ブログの館内撮影画像は今回のみ特別許可をいただいて撮影しております


今回の展覧会コピー「若冲、応挙、谷文晁も、皆夢中になった・・・」とある通り、現在でも「日本画」の世界では「宋元画」をはじめとする中国美術を理想、目標とする処があり、私もそのうちの一人で、展覧の機会があれば、足を運ぶようにしています。展覧会場入口のところに(画像写真向かって右下)掛軸2幅があるのは、中国の画家・張翬(ちょうき)の山水図を原寸大模写した狩野探幽の模写です原本と模写を並べて展観できる機会はめったにありません。ちなみに板倉先生によると、張翬(ちょうき)は、ちょうど雪舟が中国に渡った頃に活躍していた画家だそうで、なんとなく雪舟の山水図に影響がみられるような・・・。それにしても驚いたのは、Takさんはじめ、館長の河野先生、板倉先生もお話が面白い上に、博学で広範囲にわたるお話をしてくださいました。自分の不勉強を顧み反省しつつ、本当に感謝です!
展示会期中は、イベント、講演会などが沢山予定されているようです。
展観も兼ねて、そちらへの参加もおススメです。
また、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅からスグの泉屋博古館分館にて開催の特別展「典雅と奇想―明末清初の中国名画展」(11月3日~12月10日)との連携企画で、泉屋博古館分館の展覧会招待券または使用済みチケットをご持参の方は、200円引きの特典があるそうです。(他の割引との併用は不可)

ところで、ポスターにもなっている右上写真の猫ちゃん、作者は江戸時代享保年間に中国絵画技法を伝来したとされている、沈 南蘋(しんまたはちん、なんぴん)です。今回は可愛らしいポケット版のミニサイズの図録やポストカード、リーフレットなどのアートグッズが揃っています。他にも初公開の作品が展示されており、自館の収蔵品で展覧会をできてしまう静嘉堂文庫コレクションの質、量の高さには改めて「スゴイ!!」と云わざるをえません。 
http://www.seikado.or.jp/exhibition/constitution.html 


画像には載せてませんが、景徳鎮窯の青磁、漆器、青花染付、そして書など・・
「憧れの中国」を目指して秋の美術鑑賞は二子玉川へお出かけしてみませんか?

「あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~」

静嘉堂文庫美術館 2017年10月28日(土)~12月17日(日)

午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)        
毎週月曜日休館


入場料:一般1.000円 大高生700円 中学生以下無料(20名以上団体割引あり)



ライ麦畑でつかまえる!?

 森の中にある児童施設のホールに作品を・・とのご依頼で、取材に行ってきました。
園長先生自ら重機で山林を開墾して何年もかけて出来上がった素敵な場所です。
興味津々の子供達に囲まれ、質問攻めにされながら、写生中にふと思い出したのは、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」に出てくる、主人公が語った「将来やりたい仕事」です。


「広いライ麦の畑やなんかがあってさ、そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしているとこが目に見えるんだよ。何千っていう子供たちがいるんだ。そしてあたりには誰もいない――誰もって大人はだよ――僕のほかにはね。で、僕はあぶない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ――つまり、子供たちは走ってるときにどこを通ってるかなんて見やしないだろう。そんなときに僕は、どっかから、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。一日じゅう、それだけをやればいいんだな。ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。」
(訳文より抜粋)

 

ライ麦畑で走り回る子供達が崖から落ちないようにつかまえる仕事をしたい。・・・この瞬間はもしかしたらそんな仕事なのかもしれない。と思えた途端、本当に幸せな気分に包まれました。

神さまから戴いた恩寵のような時間と、そんな気分を味あわせてもらった子供たちと園長先生ご夫妻、スタッフの皆様に感謝です。

 


ありがとうございました!

「FUKUYAMA100TH×ROSES.TOTEBAG ART PROJECT in 福山」から始まった、NPO法人ROSES&広島県福山市主催のプロジェクト、間もなく終了です。ご協力いただいた皆様、本当に有難うございました。また、私の作品にご入札参加いただきましたお客様には重ねて感謝申し上げます。
郷さくら美術館(中目黒)の展示も5月28日までとなりました。すっかり葉桜ですが、木陰を渡る風が心地よい季節です。雑貨屋さん、カフェめぐりがてら、是非おでかけくださいませ。

今回の「春の院展」出品画「森想い」は動物園で写生したこどものムササビがモデルです。
夜行性動物のため、照明がほぼない状態でしたが「心眼」(?)で・・・。
次に訪れた時、その子はもういませんでした。
信州の森で、木から落ちている状態で保護されたのを動物園で飼育して3か月目だったそうです。
お母さんとはぐれてどんなに心細かっただろう、故郷の森に帰りたかっただろう。。。そんな事を思いながら描きました。7月に、横浜そごう美術館、10-11月に栃木県さくら市ミュージアムに巡回致します。ご覧いただける機会がありましたら、嬉しい限りです。
どうぞ宜しくお願い致します。

 


「FUKUYAMA100TH×ROSES.TOTEBAG ART PROJECT」チャリティ・ネットオークションご案内です

FUKUYAMA100TH×ROSES.TOTEBAG ART PROJECT in 福山 での展示も3/20(月・祝)をもちまして、好評のうちに無事終了致しました。トートバッグ作品は、引き続きオークションでの出展で、5/6(sat.)までとなります。毎週15名のアーティスト作品を「Reu ファンディング オークション」http://reu.auctions.yahoo.co.jp/project?id=1082 にて順に発表中です。

収益金は全額 国際NGO団体 Room to Read http://japan.roomtoread.org/ に送金されます。
広島県福山市藍染デニムトートバックに福山市の市花「ばら」にちなんで、市川バラ園のオリジナルローズを耐水性染料で描いた作品のネットオークション出品は4月22日(sat)〜4月29日(sat)となります。バックの裏地には、紅花染めのリネンをつけて、使う人がバックを開いた時にパッとPINK が覗いて柔らかい気持ちになれますように・・・との思いをこめました。
どうぞ宜しくお願い致します。